端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - TCPLink ゲートウェイサーバ(旧バージョン情報)

バージョン情報

TCPLink ゲートウェイサーバ
(Ver.2.02-03->Ver.2.02-04)
 
[改修項目]
[ゲートウェイ関連]
  • IPアドレスをワイルドカードで設定し、ディスプレイ,プリンタの順でセッションを起動すると“通信チェック930”となる現象 改修
  • ホストのOSをOS390に変更したところ接続できなくなる現象 改修
    (ACTPUのRU2バイト目のチェック方法ミスにより、ACTPUにマイナスレスポンスが返っていた)
  • ホストとのリンク確立後、いったん切断される現象 改修
[サーバ関連]
  • TN5250接続で、BIND応答受信前にクライアントを終了させると、次に接続したクライアントのBINDにマイナスレスポンスが返る現象 改修
  • AS/400と接続処理中のエミュレータを終了させると、確立中のセッションが残ってしまう現象 改修
  • AS/400からの不正なデータ受信で、TN5250サーバが一般保護違反となる現象 改修
  • 一度でも印刷すると、プリンタセッションの再接続ができなくなる現象 改修
  • AS/400に送信する情報不正により、次の画面が表示されない現象 改修
  • 後優先でセッション接続中に一般保護違反となる現象 改修
    (同一IPアドレスから同一LU名で複数接続された場合 発生)
[ツール関連]
  • リモートノード名に“#”を設定しようとすると“ノード名の入力が正しくありません”というエラーメッセージが表示される現象 改修