端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - TCPLink スタンダード 日本語3270エミュレータ(旧バージョン)

バージョン情報

TCPLink スタンダード 日本語3270エミュレータ
(Ver.1.10-12->Ver.1.10-13)
 
[改修項目]

[ホストリンクエクスプローラ機能関連]

  • エミュレータ起動時のロゴの表示方法変更
    (ホストリンクエクスプローラ起動時:ロゴを従来通り前面に表示します
    セッションウィンドウ起動中:表示ウィンドウがあればロゴは裏へ回ります)

[ディスプレィ機能関連]
  • ディスプレイセッションで長時間、ホストと画面データの送受信を行っていると、システムリソース不足でディスプレイセッションがハングアップする現象改修(Windows NT4.0にて発生)

[ユーティリティ関連]
  • 表示するフォントの書体名をシステム(WindowsOS)が選ぶフォントに依存させる設定で作成しているか、あるいは、そのWindows環境にインストールされていないフォントで表示する設定で作成しているアプリケーションが入っているマシンに、エミュレータをインストールすると、そのアプリケーションの表示画面のフォントが化ける現象改修