端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - TCPLink Enterprise Server 560/20エミュレータ(旧バージョン情報)

バージョン情報

TCPLink Enterprise Server 560/20エミュレータ
(Ver.2.02-04->Ver.2.10-02)
 
[強化項目]
[システム全般]
  • 同一サーバ上で3270および6680エミュレータとの共存が可能になりました
[ディスプレィ関連機能]
  • カット&ペーストの範囲設定をキーボード操作でおこなえるよう 強化
  • キー先読み機能 強化
  • 漢字フィールドでの日本語FEP自動起動機能 強化
  • FEPを使用しない全角文字入力機能 強化
[ユーティリティ(サーバ)関連]
  • コードテーブル設定API機能 変更
  • JavaBeansで接続するサーバのHTTPポート番号を変更できるよう 改修
  • エミュレータアクセスコントロールにLU名を設定するプロパティ 追加
[ユーティリティ(クライアント)関連]
  • サービスの自動起動/終了を自動的、またはツールで行うよう 改修
[アプリケーションインターフェース関連機能]
  • アプリケーション&Web用コントロールにプリンタコントロール 追加
[改修項目]
[Web関連]
  • HTML接続で起動/終了を繰り返すと、エラーが発生する現象 改修
  • JavaBeans接続方式を選択時、特定画面で通信チェック945表示となる現象 改修
  • エミュレータコンポーネント使用時、コンピュータ名が数字のみ(010101等)の場合、正常にダウンロードできない現象 改修
[プリンタ機能関連]
  • プリンタ印刷で2枚目の印字が1行下にずれる現象 改修
[ユーティリティ(サーバ)関連]
  • HTTP接続でセッション名に設定した名前が、サーバマネージャで登録した名前にたいして大文字と小文字が違った場合、ASPのエラーになってしまう現象 改修
[ユーティリティ(クライアント)関連]
  • 画面印刷キーのデフォルト値のPrint Screenを未定義に出来ない現象 改修
[オンラインヘルプ関連]
  • READMEに「必要なハードウェア」の項目を記述