端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンソフトウェア パッケージプロダクトサポート

ホーム - >バージョン情報 - DirectLink DLC対応版 日本語3270エミュレータ(旧バージョン情報)

バージョン情報

DirectLink DLC対応版 日本語3270エミュレータ
(Ver.1.21-03->Ver.1.21-04)
 
[強化項目]
[ファイル転送関連]
  • ファイル転送パネルの連続転送項目リスト用に[編集]ボタンを追加しました
  • ファイル転送パネルの連続転送項目リストをダブルクリックすると、[編集]ボタンと同じ動作ができるようになりました
  • ファイル転送パネルをDOSプロンプトから起動する際に、パラメータファイルを指定できるようになりました
[改修項目]
[DirectLink(DLC接続) 機能関連]
  • LAN環境がトークンリングの場合、通信チェック685で接続できない現象 改修
  • CICSにログオンしたまま10分程度放置すると、通信チェック691が出て以後の操作が出来なくなる現象 改修
[ファイル転送関連]
  • オプションにAPPENDを指定して受信処理を実行する場合、PC側ファイルが既に存在しているとTRANS012で処理が中断される現象 改修
  • DOSプロンプトでISEND32.EXE、IRECV32.EXEを実行できない現象 改修
  • イベントログファイルのバックアップが作成できなくなる現象 改修
  • オプションに設定したコメントを送信できない現象 改修
  • テキストファイルを送信すると文字が化ける現象 改修
  • パラメータファイルを読み込むと、ファイル転送パネルのプロパティに設定した変換テーブル情報がリセットされる現象 改修
[プリンタ関連]
  • ソフトウェアスイッチ4がオン(ジョブクローズ時、自動改行を行わない)の場合、テキスト形式でファイルへ出力している途中にジョブクローズが発生すると余分なスペース文字が挿入される現象 改修
  • 可変行送りによる改頁が正しく動作しない現象 改修
  • 編集形式が55XXの場合、連続帳票印刷で正しく改頁ができない現象 改修
  • ダイレクト印刷の印刷開始イベントでタイムアウトになるのと同時に次のデータを受信すると、アクセス違反を起こしプリンタセッションが消える現象 改修