端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンソフトウェア パッケージプロダクトサポート

ホーム - >バージョン情報 - DirectLink DLC対応版 日本語3270エミュレータ(旧バージョン情報)

バージョン情報

DirectLink DLC対応版 日本語3270エミュレータ
(Ver.1.19-02->Ver.1.21-01)
 
[強化項目]
[DirectLink(DLC接続)機能関連]
  • 複数ホスト接続機能 追加
    (接続先別に複数のリンクステーションを構築することにより、複数ホストとの接続を可能にする)
  • 複数ローカルSAP機能 追加
    (単一、もしくは複数のローカルSAPでの接続可能。また、PU単位でのIフレーム長の指定が可能)
[改修項目]
[DirectLink(DLC接続)機能関連]
  • Iフレーム長を4105に設定してホストと接続すると通信チェック689が発生する現象 改修
  • プロパティで設定したブロックIDとホストに送られるブロックIDの値がちがう現象 改修
[ホストリンクエクスプローラ機能関連]
  • エミュレータ起動/終了時のメッセージの表示/非表示カスタマイズ機能 追加
    (ホストリンクエクスプローラ起動時のロゴ表示とディスプレイの起動/終了中のメッセージボックス表示)
    ソフトウェアスイッチ38: メッセージの表示/非表示カスタマイズ
    オン: ロゴおよび、メッセージを表示しない
    オフ: ロゴおよび、メッセージを表示する(従来通り)
[ディスプレィ機能関連]
  • Shift+矢印キーによるカット&ペーストの範囲指定機能 追加
  • カット&ペーストのペースト動作カスタマイズ機能 追加
    (ペースト時、保護フィールドにかかる文字はペーストしない)
    ソフトウェアスイッチ32:ペースト動作カスタマイズ
    オン:PCOM準拠
    オフ:従来通り
    例) △:無保護フィールド属性 ▲:保護フィールド属性 □:スペース
    △123▲4△56の画面を、“1”〜“6”までコピーし、△000▲0△00にペーストした場合
    SWオン:△123▲0△□4□56
    SWオフ:△123▲0△56
    に、なる
  • 文字挿入処理をPCOMと同じ仕様に変更
    (フィールド末尾のスペースを挿入可能文字とする)
  • セッションタイトル名カスタマイズ機能 追加
    ソフトウェアスイッチ33: セッションタイトル名カスタマイズ
    オン: [セッション名]-[製品名]の順でタイトル表示
    オフ: [製品名]-[セッション名]の順でタイトル表示(従来通り)
  • カット&ペーストのキーアサイン 追加
    [Ctrl+C]キー・・・カット
    [Ctrl+V]キー・・・ペースト
    [Ctrl+A]キー・・・全て選択
  • クローズボタンでのディスプレイセッション終了禁止カスタマイズ機能 追加
    ソフトウェアスイッチ35: クローズボタンのグレー表示カスタマイズ
    オン: クローズボタンのグレー表示
    オフ: 従来通り
  • 数字フィールドでシフトキー+文字キー押下で文字を入力できるよう 改修
    (従来はソフトウェアスイッチ21を使用し、入力のカスタマイズを行っていたが、今版からはカスタマイズできないように変更)
  • 非表示、漢字フィールドでの罫線表示異常 改修
  • 漢字入力後、送信キー押下でプログラムチェック799が表示される現象 改修
  • カット&ペーストでエミュレータ画面に、1行しか貼り付けできない場合がある現象 改修
[プリンタ機能関連]
  • プリンタプロパティの定義ファイルの読み書き機能 追加
    (印刷業務単位でプリンタプロパティの変更機能)
  • LUタイプ3の場合、MPP+1桁目の制御コード(NL)処理カスタマイズ機能 追加
    ソフトウェアスイッチ42: MPP+1桁目の制御コード処理カスタマイズ
    オン: MPP+1桁目の制御コードを抑止する
    オフ: MPP+1桁目の制御コードを抑止しない(従来通り)
  • ダイレクト印刷で帳票に出力すると、1ページごとに1行ずつ上にずれて印刷される現象 改修
    (タイプ1で、MPL<BMの場合、BM印字後、次のTMまで改行するよう改修)
  • グラフのハードコピーを最適化で印刷すると一番下の罫線が切れてしまう現象 改修
[ユーティリティ関連]
  • Windows NTの場合、“ALT+F6”キーへのキーアサイン機能 追加
  • プリンタセッションに対するエミュレータスタイルの設定機能 追加
  • コードテーブル設定で、JIS78指定時、コード変換登録ができないコードがある現象 改修
  • レジストリ保守の復元時のカスタマイズ機能 追加
    (regmnt32.datに復元不要項目記述)
  • マクロファイルの実行設定を、月時処理/曜日処理の設定ができるよう機能 追加
  • マクロコマンド “Windows Title”にタイトル名変更機能 追加
  • マクロ自動記録終了後、エミュレータでのキー入力ができなくなる現象 改修
  • オートパイロットの/statsコマンドで、存在しないリターンコードを指定して実行すると、一般保護違反となる現象 改修
[IWS機能関連]
  • ファイル転送パネルの送受信区分の表示 変更
  • ファイル転送で指定するフレームサイズ変更機能 追加
    (256〜32000バイトまで設定可能)
  • ファイル転送時の状況表示画面のアイコン化カスタマイズ機能 追加
    ソフトウェアスイッチ40: 状況表示画面のアイコン化カスタマイズ
    オン: 状況表示画面をアイコン化する
    オフ: 状況表示画面をアイコン化しない(従来通り)
  • ファイル転送時の状況表示画面の表示/非表示カスタマイズ機能 追加
    ソフトウェアスイッチ41: 状況表示画面の表示/非表示カスタマイズ
    オン: 状況表示画面の非表示
    オフ: 状況表示画面の表示(従来通り)
  • 特定のファイル(SO/SIを多く含むデータ)のみファイル転送(SEND)でエラーとなる現象 改修
  • DDE機能ビットマップデータのカスタマイズ機能 追加
    ソフトウェアスイッチ60: ビットマップデータのカスタマイズ
    オン: グラフィックデータのみのビットマップ
    オフ: グラフィックデータとキャラクタデータのビットマップ(従来通り)
[EHLLAPI/PCSAPI機能関連]
  • 16ビット版EHLLAPIを使用したアプリケーションでCopy Presentation Space(5)実行時、一般保護違反となる現象 改修
  • VB使用時、“pcsConvertCodeHostToTerminal”で255バイト以上の文字コード変換ができない現象 改修
[オンラインヘルプ関連]
  • オンラインヘルプのWrite Structure Fields(127)の機能番号の記述ミス 改修
  • マクロコントローラの起動引数に指定したマクロファイルがない場合、マクロ編集ユーティリティが起動されることをオンラインヘルプに記載
  • BDXのエラー説明がオンラインヘルプにない現象 改修